珠肌ランシェル 副作用 成分

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

若々しい肌への近づくオールインワン化粧品として、40代の女性を中心に人気がある「珠肌ランシェル」。

 

徹底的に品質にこだわって生産されているようですが、副作用はないのでしょうか?肌があれる成分などは含まれていないのでしょうか?

 

今回は、そんな珠肌ランシェルの副作用について徹底解析してみました。

 

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

 

珠肌ランシェルの特徴は?

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

まず、珠肌ランシェルについて改めて簡単にご説明しましょう。

 

LOX活性卵殻膜でシワ対策!

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

珠肌ランシェルには、外部の刺激から肌を守り修復してくれる「LOX活性卵殻膜」が配合されています。

 

卵殻膜は、傷口や肌荒れに貼ると「治りが早くなる」など昔からスキンケアや美容に利用されてきました。

 

「LOX活性卵殻膜」には、肌のバリア機能「角質層」の修復機能があるため、若々しい肌にしてくれる効果が期待されています。

 

更にはセレプロンも配合

 

セレプロンは別名「美白細胞」と呼ばれる美容成分で、シミの元であるメラニンを生み出す活性酸素をブロックし、メラニンの合成を阻止する働きがあります。

 

珠肌ランシェルには、そんなセレプロンも配合されております。

 

>>珠肌ランシェルを見に行く<<

 

 

珠肌ランシェルの成分を詳しく分析

 

次に珠肌ランシェルに含まれている成分について詳しくご説明しましょう。

 

卵殻膜

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

卵殻膜には、18種類のアミノ酸で構成され、中でもシスチンが非常に多く含まれています。

 

シスチンはメラニンを作る酵素のチロシナーゼを抑える作用があり、美白効果が期待されています。

 

また、卵殻膜に宿る酵素LOXは傷を修復する作用があり、肌バリア(角質層)の改善が期待できます。肌のバリア機能が復活すると、水分保持が可能になり化粧品に頼らなくても壊れにくい丈夫な肌になることが可能になります。

 

酵母エキス

 

酵母とは単細胞生の真菌類の総称で果物や植物など、様々な所に生息している菌です。

 

珠肌ランシェルに配合されている酵母エキスは、独自の製法で抽出したもので、日やけによるシミを防ぎます。

 

卵白ペプチド

 

卵白タンパク質を、酵素で分解することによって得られるのが卵白ペプチドです。

 

卵白には、大豆を超える豊富なアミノ酸を含み、肌に大切な皮脂と潤いを守ります。

 

セレプロン

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

セレプロンは別名「美白細胞」や「美肌細胞」とも呼ばれる成分で、肌のターンオーバーを高めてくれます。

 

シミの元であるメラニンを生み出す活性酸素をブロックし、メラニンの合成を阻止効果が期待できます。

 

その他40種類の植物エキス

 

珠肌ランシェルには、その他、自然由来の多様な植物エキスが配合されています。

 

水、グリセリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、ジグリセリン、卵殻膜、加水分解卵白、酵母エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミド3、セラミド6U、プラセンタエキス、スクワラン、ユビキノン、加水分解エラスチン、ヒドロキシプロリン、アミノ酪酸、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、スギナエキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、レモン果実エキス、トウキ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、アロエフェロックス葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、オタネニンジン根エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、メチルヘスペリジン、パルミチン酸レチノール、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、コレカルシフェロール、リン酸アスコルビルMg、キシリトール、イノシトール、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリシン、コーン油、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル−10、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、カルボマー、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル−10、水添レシチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水酸化K、シリカ、フェノキシエタノール

 

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

 

>>珠肌ランシェルについてもっと詳しく知る<<

 

 

アレルギーや副作用は大丈夫?

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

珠肌ランシェルを使用することでアレルギーが出たり副作用が出ることはないのでしょうか?

 

卵アレルギーの方は注意

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

これまでご説明してきたとおり、珠肌ランシェルにはタマゴ由来の成分が含まれています。

 

そのため、卵アレルギーの人は使用を控えた方がよさそうです。

 

公式HPにも、そのような記載がありますので、卵アレルギーの方はご注意ください。

 

植物エキスは肌に合わない人も…

 

珠肌ランシェルは、安全性の高い成分で構成されていますが、植物エキスは、人によって合わない人もいますので、これまで植物エキス配合の化粧品で湿疹が出たなどの経験がある方は注意が必要です。

 

また、珠肌ランシェルには、レモン果実エキスが配合されていますが、レモンには光毒性と呼ばれる成分が含まれていて、この光毒性は、紫外線を浴びることで肌にダメージを起こさせることが知られています。

 

こう書くと心配な方もいるかもしれませんが、化粧品を製造する際には、その刺激成分となる部分が取り除かれています。

 

ただ、敏感肌の人は注意した方がいいかもしれません。

 

数は少ないながら、「湿疹が出た」という口コミも…

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

珠肌ランシェルを実際に使った方の口コミを確認したところ、数は少ないながら「肌がピリピリした」「湿疹が出た」という方もいました。

 

口コミ1. 肌がピリピリする・ニオイも気になる

 

薄ピンクのジェルで、肌につけるとスーッと伸びてひんやり感が心地よくオールインワンなのでケアはこれだけでOK。

 

いつもはパッティングだけでもじっくり時間かけていたので、あっという間の手間いらずって感じで、喜んでたのも束の間、付けた瞬間から肌になじむまでの間、肌がピリピリします。

 

ニオイも気になりますね。無香料のはずなのですが・・・顔以外に塗ると大丈夫でした。

 

口コミ2. 湿疹が出た
肌に合わないようで、湿疹が出てしまいました。効果を期待して買っただけにとても残念です。

 

やはりどんなクリームでも肌の相性があるのでしょうか?

 

 

口コミでも言っているように、基本的に成分との相性があるため、肌に合わないと感じた方はすぐに使用を停止してください。

 

においのほうは正直「??」です。私はほとんどにおいはしませんでした。感じ方には個人差があるのではと思います。

 

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

 

まとめ

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

珠肌ランシェルで「副作用が出た」という口コミはほとんどありません。

 

ただ、数は少ないながら「湿疹が出た」といった人もいました。

 

珠肌ランシェルは、安全性の高い成分で構成されていますが、肌は千差万別、人それぞれですから、場合によっては肌に合わない方もいる可能性があります。

 

珠肌ランシェルを使って、万が一肌に異常が出た場合は、使用を控えるようにしましょう。

 

 

なお、珠肌ランシェルの定期コースはいつでも解約可能なので、そんな場合も安心です。

 

 

【疑】珠肌ランシェルの副作用は大丈夫?肌が荒れる成分はない?

 

 

>>珠肌ランシェルを見に行く